2007年09月20日

山梨県勝沼のぶどう狩り2

最近、☆KAIRA BAGUS☆のアクセス解析でリフェラ(リンク元)
を見てみると、山梨県勝沼市ぶどう狩り食べ放題などで検索してく
る方が多いようなので、私の知ってる限りの情報を書きたいと思う。

まず初めてぶどう狩りに行く方は、無難に勝沼インターを降りて20号を
石和方面に行く。一つ目の信号を右折(右折ラインあり)。
すると信号一つ越えて少し行くと、左右にぶどう園が沢山あります。
そして、この道がぶどう園のメインストリートでないかと思う。
私のオススメぶどう園は、このメインストリートの最後の信号の手前にある
ふるやファームがオススメだ。
何故かと言うと、バニャ家が最初に行ったぶどう園だからだw 
ただたんに、これだけが理由ではない。ココはぶどうの種類が豊富である。
なかでも、ココのピッテロ・ビアンコは最高に美味しい顔(イヒヒ)Good
Pizzutello Bianco.jpg
それと、勝沼のぶどう園の殆どが時間制限があるが、ふるやファームは無い。
その他、ピオーネ下
Pione.jpg
ロザリオ・ビアンコ下
Rosario Bianco.jpg
などがオススメだ。
ただ一つ、食べ放題時間無制限だけあって、料金が少し高い…顔(え〜ん)
大人(小学生以上)は1,800円もする…。
ただ考えは人それぞれなので、ココまで来てケチる事ないと思う人もいると
思う。
少しでも節約したい方は前の記事にも書いた甲府市善光寺にある早川園がオススメだ。
ココも種類が豊富で、どのぶどうもとても甘い。
受付を済ませると、案内人と狩りに行くのだが、会話がとても上手いw
ただタイミングで案内人にアタリハズレがあるような感じだった…。
ぶっきらぼうに案内してる人もいた…。でも、ぶどうのハズレは無い犬(笑)
それと早川園は珍しいぶどうがあるexclamation×2
この時期食べられたのが、紅茶の味がするぶどうと、ミルキーの味がする
リッシバーバなどがあった。
一番美味しかったのが、ブラックオリンピアがとても上手かったぁ〜
外見はそっくりだが巨峰をさらにおいしくした味のぶどうだ。

ココ早川園は勝沼ICから30分程で行ける。
それとHPからインターネットご優待券をプリントしていくと10%割引と
ぶどう100%ジュースの試飲ができる。










ニックネーム バニャ at 23:38| Comment(31) | TrackBack(0) | オススメ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

山梨県勝沼のぶどう狩り

行ってきましたぁ〜〜ぶどう狩りグッド(上向き矢印)

今年は暑かったので、ぶどうの出来はスゴく良いようです。
でも今回は、いつも行く食べ放題ではなく食べる量だけ自分で狩ってきて
それを計り売りしてもらい、その場で食べられるというシステムのぶどう園
に行ってきましたわーい(嬉しい顔)
なぜ今回は計り売りにしたかというと、食べ放題だとやはり料金はそこそこ高いし、そうは食べれないからです…。
ぶどうの食べれる種類が少ないぶどう園は安いけど、たとえば巨峰だけとか、ピオーネだけバッド(下向き矢印)
でも、どうせなら色々食べたいぢゃないですかぁ〜〜顔(ペロッ)
そしてネットで色々検索し、山梨県の善光寺にある早川園さんにお世話になりました。
ここは今の時期は10種類程の品種があり、町のスーパーなどには売ってない品種のぶどうが沢山あり、まず到着して受け付けに行くと担当のおじさんが一緒に説明をしながら、狩らせてくれます。
ところどころでオヤジギャグをかましながら、色々親切でしたw
そしてこれが狩ったぶどう達です下
ぶどう色々1.jpg
上これで家族三人で2000円でしたexclamation×2
めっちゃ美味しかったぁぁあグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
写真のぶどうの種類は、えぇ〜〜っと…デラウェアピオーネピッテロビアンコゴルビーロザリオマニキュアフィンガー・紅茶の味がする、えぇ〜〜っと何だってか…。ミルキーの味がする、それも名前は忘れたw
あとスミマセンexclamation名前が思いだせません顔(汗)
それぞれ味も香りも違うけど、みんな美味しかったです顔(笑)Good

ぶどう狩りで一つ言えるのは、ホントに沢山食べれる人は食べ放題が得だけど、そうでない人は早川園さんのような計り売りが良いと思う。
よぉ〜〜し食べるぞぉぉおexclamationと気合いを入れても、そうは食べれない。何故かと言うと、めちゃくちゃ甘いのです。
それほど勝沼のぶどうは美味しいって事です。
わざわざ遠いとこまで行けない人にはネットで買い物するのも一つの手だと思います。ぶどうは今が旬ですよexclamation×2






ニックネーム バニャ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする